定期的にメンテナンスを

男の人

数年ごとに必要

高級時計の代名詞でもあるロレックスは、ステイタスでもあり、長く大切に使いたいものです。ロレックスは、数年ごとにメンテナンスが必要なことをご存じでしょうか。せっかく手に入れたロレックスも、メンテナンスを怠ると故障の原因になってしまいます。オーバーホールと言われる分解、洗浄、掃除、精度調整を数年ごとに行う必要があります。ロレックスに限らず、時計には歯車があり、潤滑油が使用されています。約3年ほどで、潤滑油に粘りが出たり、乾いたりします。そのまま使い続けると、部品が傷んでしまう可能性があります。他にもゼンマイなど消耗する部品があり、部品交換となると、オーバーホールの料金以外に、部品代も加算され、料金も高額になってしまいます。また、モデルによっては、部品の入手が困難になることもあります。ロレックスのオーバーホールは、正規店や、ロレックスの修理店で依頼できます。正規店では、部品の在庫も豊富ですし、何よりも安心ですが、オーバーホールの料金は、一般の店舗よりも高額になります。正規店以外の修理店でも、純正の部品の取り扱いがありますが、社外の部品を使用することもあり、その後の価値が変わる可能性もあります。ロレックスのオーバーホールは、そのモデルによって料金設定がされています。部品交換が必要なら別途部品代がかかります。オーバーホールは、持ち込みや郵送で依頼できます。見積りを無料でしてもらえるので、まずは問い合せてみましょう。店舗によって、保証期間が、1年から2年と差がありますので、注意しましょう。